​学生の分布(フルタイム、Class of 2018)

Class of 2018(フルタイム)は、アジアMBAというだけあり、インドを筆頭に東アジア・東南アジア出身の学生が大半を占めました。その中でもダイバーシティは確保されており、Class of 2018はスイス、スリランカ、モーリシャス等からも学生が入学しました。平均年齢は29歳(勤続5.1年)、女性の入学者も多く、男女比はほぼ1:1です。

出身業種/職種や入学の動機は、「現在の職種(業種)でキャリアアップしたい」「母国を離れてシンガポールで就職したい」「理系エンジニアだが、コンサルタントへ転職したい」「将来的に起業したい」等様々です。

なお、MBAプログラムの後半は、フルタイムとパートタイムの学生が一緒に授業を受けます。パートタイムの学生は、シンガポールで5年~10年以上の社会人経験があり、ファイナンスやマーケティング等の専門知識を持っていることが多いです。

​日本人入学者数の推移

2015年度以降、日本人学生は毎年数名入学しています。社会人経験を相応に積み、私費で留学する学生が目立ちます。

なお、2018年の米フィナンシャル・タイムスのランキング入り(49位)以降、日本人学生からの問い合わせは倍増している模様で、今後は応募者の増加が見込まれます。

日本人学生の合格までの道のりは「合格体験記」、その後のキャリアについては「キャリア開発」のページをご覧ください。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now