​お役立ち「食」情報

​はじめに

シンガポールの食についてまず言えることは、日本で手に入るものはシンガポールでほぼ全て手に入ります。食に限らず世界各国からいいと思えるものを貪欲に取り入れ発展してきたシンガポールらしく、幅広い食事、食品がそろっています。

水ももちろん安全においしく飲めますし衛星面でも日本と並んでアジアトップの水準ですので特に心配することはないかと思います。

値段としては概して、フードコートなどで提供されるローカルフードは安価、お酒や日本食、外資系レストランチェーンの食事は日本と比べてもやや高めですが、特に食事に強いこだわりがなければ全体として日本よりも安価にすませることができます。

以下、①外食、②自炊、③その他お店紹介をご覧ください。

​外食

シンガポールの夫婦は基本的に共働きであるためか、自炊環境よりかは外食が家族の食卓としての機能も果たし充実している印象を受けます。主な外食場所は以下の通りです。

学食

Koufu(コーフー)というフードコートがブラスバサー駅に直結して設置されています。一般人も利用できますが、SMUの学生は学生価格で利用できます。マレー料理、韓国料理、台湾料理、シンガポール料理など様々な国の食事があります。4ドル~6ドルで十分お腹を満たすことができます。私は約4ドルで卵や野菜等の食材を6、7つほど自分で選んでラーメンにしてくれるYONG TAU FOOというお店を愛好していました。ちなみに日本料理という名のお店も軒を構えてますが、ローカライズされており、少し脂っこいのが特徴です。こちらに限らずシンガポールは世界各国からなんでも取り入れてローカライズするのが得意なので、例えば自販機で買えるポッカの緑茶は甘くなっていますし、

ホーカーセンター

至る所に点在しています。学校周辺ではこちらが近いです。チキンライスのお店には旅行雑誌るるぶに掲載された時の切り抜きが掲げられており、チキンライス3.5ドルです。(https://goo.gl/maps/mBvrzdPVgsw)

ショッピングモールのフードコート

各駅にあるショッピングモールには必ずフードコートがあり、10数店の料理が食べられます。ショッピングモール内にあるだけあってホーカーセンターよりも少しお値段が上がる分、きれいです。学食はホーカーセンターというよりはこちらのフードコートに近いです。

ファーストフード

マクドナルド、モスバーガー、SUBWAY(それぞれシティホール駅にあり)、など各地にあります。日本とあまり変わりません。

コーヒーショップ

スタバが至る所にあります。お値段は日本よりもやや高め。また、学内には上記学食の隣にあるエスカレーターを下ったところにQ COFFEE CLUBというコーヒーショップがあり、ビジネススクール一階にはタピオカミルクティーで有名なローカルショップGong Chaがあります。

日本食レストラン

大戸屋(サマーセット駅にあり。親子丼17ドル、魚定食20ドル)、やよい軒、ワタミ、吉野家(牛丼レギュラーサイズ6.5ドル)など数多くあります。この他、ラーメンブームがすさまじく、さきがけとなったといわれる「味仙ラーメン」(AJISEN)をはじめとして、一風堂や、けいすけラーメン等、ラーメン店が各地にあります。オーチャード駅のショッピングモールION(アイオン)に行けばラーメンに限らず日本食が存分に楽しめます。2018年11月には丸亀正麺もオープンしました。

その他レストラン

下記URLのChope(シングリッシュで「席を取る」という意味)というレストラン予約サイトが有名で容易に予約できますのでご参考まで掲載させていただきます。日本の「食べログ」みたいなものです。(https://www.chope.co/singapore-restaurants)

​自炊

外食が充実しているのでそこまで自炊をする必要もありませんが、ローカルフードが口に合わない、どうしても日本の家庭料理が食べたい、あるいは極限まで食費を削りたい、という方は自炊することになります。当サイトの「住」の部分でも少し触れていますが、食材の主な購入場所としては以下、現地スーパー、日系スーパー、RedMartがありますのでそれぞれご覧ください。

 

現地スーパー

フェアプライスとコールドストレージが地域に根差しているトップシェアのスーパーです。主な食品のお値段として現地調査した結果はざっくり下記のとおりです(2018年11月現在)。※価格や供給は流動的であるため、あくまでご参考までご覧ください。なお、産地は中国、マレーシア、オーストラリア等様々です。日本産は後述の日本産食材参考をご覧ください。

(現地食材参考)

 ネギ 1ドル/100g

 キャベツ16セント/100g

 人参19セント/100g

 大根27セント/100g

   ブロッコリー65セント/100g

   玉ねぎ 70セント/100g

 バナナ24セント/100g(一房約2ドル)

 キウイ6個セット×2箱 6.95ドル

 パイナップル一つ2.85ドル

 豚ひき肉 1.16ドル/100g

    鳥胸肉 0.91ドル/100g

    卵 2.95ドル/10個

 ハイネケン330ml×6個 18.95ドル

  

また、スーパー内には日本コーナーも設けられており、日本産の人参、大根、カボチャなどの食材から、えだまめ、納豆(冷凍で売ってます)、ラーメン、アサヒスーパードライやキットカット等の日本のお菓子まで置いてあります。日本のものはシンガポールでは値段が高く設定されており、物にもよりますが実感としては1.5倍から2.5倍高いです。こちらもそれぞれお値段をご参考まで。

 

(日本産食材参考)

 日本産 ネギ2.6ドル/100g

 日本産 キャベツ69セント/100g

 日本産 人参 5ドル/3本

 日本産 大根 7.9ドル/一本

 日本産 ほうれん草 4.9ドル/150g

 日本産  かぼちゃ 95セント/100g

 日本産 人参5ドル/三本

 

日系スーパー

さらに日本が恋しい方には日系スーパー、百貨店に行くことをお勧めします。SMU近くのドビーゴート駅からMRTで2分ほどのサマーセット駅にあるドンキホーテや、その隣オーチャード駅にある伊勢丹がおすすめです。私はドンキホーテで5Kgの秋田県産コシヒカリを27ドルで買って炊いていました。また、リャンコート内にある明治屋は日本食品の品揃えがトップクラスであると駐妻界隈ではまことしやかに囁かれているそうです。

このほか、プラザシンガプーラの地下2階「いろはマート」や、大学から1駅のエスプラナード駅近くのマリーナスクエアにある「Midtown Mart」があります。値段はやや高めですが、日本の飲料、お菓子、調味料、インスタントラーメン等が販売されています。

https://www.facebook.com/IrohaMart

https://www.facebook.com/Midtownmart/

Red Mart

この他ネット通販サイトのRed Martを利用するのもおすすめです。配達料金、物の値段も安く、シンガポールではアマゾンよりもこちらの方が主流です(2018年11月現在)https://redmart.com/

その他お店紹介

セブンイレブン

駅構内や、街中でよく見かけます。学校のブラスバサー駅にも2店舗あります。日本のようなお弁当やお惣菜がないのが残念ですが、それでもコンビニなのでちょっとした日用品や食品が容易に手に入ります。なお、駅にあるセブンイレブンはかなり小さいので品揃えは限られます。

Cheers

ローカルコンビニ。SMUビジネススクールの道を挟んで向かい側にもあり、授業の合間の休み時間にコーヒーやお菓子をクラスメイトと買いに行ったりします。

ローカルデパート

オーチャード・スコッツ交差点にあるTANG‘S(タングス) が高級老舗デパートとして有名です。学校の近くではシティ・ホール駅にあるROBINSONS(ロビンソンズ)がとてもきれいでフードコートもあり、レストランもかなり充実しています。

ムスタファセンター

リトルインディアにある24時間オープンのインド系巨大ショッピングモールで、安価で多様な食品が購入可能であることで有名です。

ウェットマーケット(朝市)

Tong Bahru Market(最寄駅:TIONG BAHRU)、Tekka Centre(最寄駅:リトルインディア)、Ghim Moh Market(最寄駅:ブオナヴィスタ)といった朝市があり、肉、魚、野菜や果物を安く購入できます。

 

マレーシアのイオン

マレーシアのジョホールバールにあるイオンが安いのでシンガポールから買い出しに行く日本人もいます。

 

以上、シンガポールの食について紹介させていただきました。文字での情報は限られてしまうので、何よりも一度現地に来て実際にご自身で試されることを強くお勧めします。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now